こんばんは、POG大好き、POG滝川@マネテク!です。

POG大好きとか言って、POGに参加したことはほとんどないです。
1回くらい何かのPOGに参加したような気がしますが…。
理由は、毎年開始の時期を逃してしまうからです(笑)!

そうだ、POGしよう

しかし!
今年は気づきました(笑)。
昨日会社帰りの電車の中で、そう言えば「一口馬主日記」(注:ブログ名ですw)を更新していないなぁと思いたち、とは言え、資金難から一口馬主からは撤退し、環境的に競馬場に通うこともままならない現状を鑑みると書くこと無いなぁ、と思った瞬間に、「そうだ、POGしよう」と思い立ちました。
まさに、「そうだ、京都行こう」(c)JR東海、ばりに思い立ちました。

POGとは

というわけで、前置きが長くなりましたが、POGです。
POGとは、Paper Owner Gameの略で、日本語訳すると、「紙上馬主ゲーム」くらいですかね。
そのものズバリで、人の馬を勝手に自分が馬主だったらと妄想して楽しむゲームです。
だいたい新馬戦からダービーが終わるまでの約1年を期間として10頭くらい選んで獲得賞金額を競う、という感じだと思います。
まぁ、デビュー前の馬が走るかどうかなんて正直分からない訳で、馬好きの人が相馬眼を競う、という感じでしょうか。

とりあえずPOG本を購入

試しにAmazonで「POG」と検索してみたところ、今年開始になるPOGに向けた本がヒットしました。
どの本も軒並み4/27~28あたりに発売になるとのことでまだレビューもなく予約扱いでしたが、私が(直感で)チョイスしたのはいつもお世話になっているGallopのこちらです。

他にも何冊か同様のPOGの本はあるのですが、この本に決めた理由は直感です(笑)。
あとはGallopの重賞年鑑が好きなのと、dマガジンでGallopを読んでるからですかね。

オンラインのPOGにも参加したい

今確認したところ、Amazonでは5/1入荷予定のようなので、ゴールデンウィーク中に読み込めたらいいなぁという感じです。
どの馬の(妄想)馬主になるか決めたら、オンラインのPOGにも参加したいと思います。
ちょっと調べてみたところ、JRAやnetkeibaなんかも主催しているみたいですね。
まぁこの辺はまたおいおい。

今日のマネテクポイント

今年のダービーは5/28(日)ですので、その直後くらいにスタートですかね。
まずはしばらくPOG本を読み込みたいと思います。